バラ イングリット・バーグマン、バラ栽培バイブル

b0307008_13181710.jpg


昨日からの雨で大輪の花を沢山つけていたイングリット・バーグマンの花の枝があらかた折れてしまいました。
花びらが多いとその間に沢山雨水を貯めてしまい耐えられなくなった枝が折れるのです。
しかたなく摘み取って部屋の中で鑑賞です。
不思議なものですねえ、家の中に飾った方が眺められる時間が長いのに、なぜか摘み取るのはとても惜しい気がするんです。 強制的に摘み取ることになりよかったのかもしれません。
しかし、イングリット・バーグマンの鮮やかて深みのある赤色がカメラでは再現出来ません。

b0307008_13413145.jpg


私はとにかく本好きです。
参考書なんて大好き!!!
バラの本もたーーくさんあります。
自慢じゃありませんが、そんじょそこらの本屋さんよりバラ本の品揃えはいいんじゃなきでしょうか。
その中でも右の本、「バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック」ていうのは、優れもので、これだけでいいと言われてるほどです。
その作者、鈴木満男さんの新しい本を見つけてしまったのでAmazonでワンクリックしてしまいました。
前のには係れてなかった、そこをもう少し詳しく教えて欲しい!って箇所が詳しく出てるので、分からなかった問題がいくつも解決しました。

by appleleaf38 | 2016-06-05 13:06 | | Comments(2)
Commented by beauty1461 at 2016-06-05 19:49
女優のイングリットバーグマンからすると、
私のイメージでは白の花なんだけどなぁ。
北欧出身の色白って感じで。
Commented by appleleaf38 at 2016-06-07 21:10
そう思うんだけどね、きっと出来た時にちょうど良い機会があって名前を送ったとかいう軽い命名みたいなので、首をかしげたくなるのも多いですよ。
自分の名前をバラにつけてもらうなんていいですよね。