陰膳

b0307008_19551583.jpg


毎日ヤマトに陰膳おいてるのですが、それをアンちゃんがきれいに平らげてくれます。
陰膳て誰が食べるのが正解なんでしょう。
 陰膳(かげぜん)とは、旅行や出征その他に出た不在者のために、その者が旅行中に飢えたり、危害を加えられ安全を脅かされたりしないように祈り願って、留守番がその者のために留守宅で供える膳である。安全祈願の呪術のひとつ。
当人が在宅時の食事のときに座っていた場所や床の間に供える。供える回数・程度は地域や時代によって一定しない。供えた膳は後でその家族が食べることもある。ー ウィキペディア

ということで、アンちゃんでヨシですね。

今日は夕方お隣のおばあちゃんに出会いました。
おばあちゃんとは猫友です。
おばあちゃんちのミルちゃんが死んで見つかった時は二人で泣きました。
おばあちゃんはヤマトのことをとても気にかけてくれて、
「私がこんなに気がかりなんだから、奥さんはたいがい心配でしょう」
と言ってくださいました。
感謝。
とっても感謝。
by appleleaf38 | 2016-12-23 19:46 | ニャン子 | Comments(2)
Commented by toyonaka at 2016-12-24 09:41 x
陰膳されてるんですね。偉いなぁ。
ヤマト君のことで いろんな方が我がことのように心配してくださるなんて ありがたいです。
Commented by appleleaf38 at 2016-12-24 20:15
でも、猫探しブログの方を読んで思いました。私はまだまだだなあ。
とてもあんなには出来ないと。