2017年 04月 30日 ( 1 )

b0307008_21033383.jpg
 
b0307008_20151516.jpg

突然なのですが、ジジが3月25日に急に亡くなりました。
わずか数時間の出来事でした。
何時間も静かに椅子で寝ていたのですが急に餌をもどし始めたかと思ったら、口中泡を吹いたようになり息が荒くなって、病院には連れて行ったのですが、助かりませんでした。
アナフィラキシーショックといわれ、原因は分からないと言われました。
14歳になっていましたが、元気だと思っていたのでまだまだ一緒に暮らせると思っていましたのに。
実家の家の回りに暮らしていた母猫が屋根裏で赤ちゃんを産み、移動中に隙間に落としてしまったのがジジでした。消防のレスキューに助け出されて実家で育てられていたのをもらってきました。
愛想の悪い、人に懐かない、小心者で抱かれるのも大嫌いって猫でした。
それは死ぬまで変わりませんでしたけど、最近はやや穏やかになり、
夜は私の布団の右側にもぐって寝てました。
なんといってもビビリですから、「ジジのいいとこはいなくならないとこだね」と言ってました。
まさかこんな形で別れる時が来るなんて。
でも、こんな症状が家の外で起こっていたらとても家にたどり着けなかったと思います。せめてうちの中にいてくれてよかったです。
獣医さんにきれいに体を拭いてもらい、ジジは丸で生きているような姿でブルースターを1本供えられて帰ってきました。
多分本人、我が身に起こったことがよく理解できてなくて、まだうちの周りをウロチョロして、なぜ私達が自分のことを無視してるんだと不思議に思ってるんじゃないかと思います。
ジジ、時々夢の中に出ておいでよ。大好物の味付け海苔と花がつおあげるよ。
パソコンの中にはもっと小さい時の可愛い画像もあるのですが、タブレットの中のジジはこんな顔ばかり。
3匹もいた猫がアンちゃん1匹になってしまいました。

b0307008_20495879.jpg

b0307008_21175559.jpg