2017年 06月 12日 ( 2 )


ゴールデンハート
ハイブリット
四季咲き
木立ち 樹高 約140cm
剣弁高芯咲き 巨大輪 15cm

黄色ですが、咲き進むと縁にほんのりピンク色がさしてきます。
花持ちがとてもいいです。
今地植えにしようと思っています。


プリンセスダイアナ。
とってもよく咲くクレマチスです。
上を向いて咲いてくれるのがいいです。
よく似た雰囲気で下を向いて咲くのは、エトワールローズです。

b0307008_15252520.jpg

(シュートのピンチしました)
b0307008_15272259.jpg
分かりにくいですが、出てきたシュートを2回ピンチして、枝数が、2本になったところです。もう1度ピンチしました。
バラの本を読むと必ず「ハイブリット、フロリバンダなど、出てきたシュートの先はピンチすること」と書かれてます。
でも、伸びた芽をピンチするのって勇気がいるのです。
今年は少しバラの成長の様子が理解できたので、迷わずピンチしました。
ピンチしないと勢い良く伸びて先に箒状の花をつけるというのも分かりました。
2,30cmのところでピンチしたら、上から2箇所くらい新しい芽が出てくるんだ、って当たり前のことがようやく理解できたのです。
バラは切られたところの次の葉の根元から芽を出す、元気だと2個くらいは出す。だから、枝を長く残して切ったら背高のっぽになる。とってもよく知ってた当たり前のバラの原理なのに、なぜか知識としてしか頭に入っていなかったようです。
こんなに何年もかかってようやく飲み込め、実行できるようになりました。
でも、見落としも多くてあっちでもこっちでも箒状蕾が出ています。

by appleleaf38 | 2017-06-12 15:15 | | Comments(0)

チョビちゃんです。
昨日は一度も顔を見せませんでした。
考えてみれば、一昨日猫の喧嘩の声が長く続いていたので怪我でもしたのじゃないか、
昨日はチョビ家の方で女の子がワンワン泣く声がしたのでチョビちゃんが死んでしまったんじゃないかと、
悪い想像ばかりしていたら、今朝元気にやってきました。
よかった!チョビちゃん。
大サービスで家の中で食事させてあげました。
やっぱりチョビちゃんは楽しい子だなあ。世の中器量じゃないだなあとシミジミ思いました。

フレンドリー過ぎて、入念な毛づくろいを始めました。
そうそう、男も身だしなみは大事よね。
元気だったというものの、歩く様子を見たら足をひきずっています。
外に出かける猫の生存率はとても低いと聞きました。猫が生き延びるって大変なんですね。

b0307008_10250622.jpg

b0307008_10254437.jpg

チョビちゃん、鈴カステラも立派です。