カテゴリ:ニャン子( 1007 )



以前、ブログで激写と書いたら、死語だと言われましたけど、
久々うちに上がったチョビちゃんだったので、激写しました。

b0307008_23100585.jpg

b0307008_23111378.jpg

b0307008_23114629.jpg

僅かの時間だったけど、チョビちゃん、幸せ時間だったかな。




怪我を心配していましたが、復活からまたチョビちゃんは毎日来てくれてます。
前より食べる量が減ったのが気になりますが、傷は癒えているようです。
家でたっぷり食事をしたにしては痩せてるし、笑えてもやっぱりはチョビちゃんはデブの方がいいな。

b0307008_09394514.jpg

帰省中のLIFE君にも足つんつんで可愛がってもらいました。
LIFE君は猫アレルギーの猫好きなのです。

b0307008_09412748.jpg

b0307008_09414800.jpg

チョビちゃんはは、膝にのってまったりするのが好きみたいです。
自宅ではどんな生活してるのかなあ。
フミフミも大好きです。床に寝そべっては1人フミフミやってます。幼くして別れたお母さんが恋しいのかな。駐車場で鳴いてるのを保護したと飼い主さんから聞いています。
ひとしきり遊んだら、さよならチョビちゃん!またね。

チョビちゃんはもう会えなくなってしまったものと思い、今までの猫の話をアップしようと思っていたら、チョビちゃんが復活してくれ、アップの機会を逸してました。
でも、せっかく画像も準備したので。

初代猫 トラ
b0307008_07182611.jpg

実家に迷い込んできた猫をもらいました。
シッポが全くないというユニークな姿でしたが、器量、愛嬌、頭、性格と申し分のない立派な猫でした。
家族皆どれだけ癒やし助けられたことか。
カニ缶が大好きで、缶切り持っただけで私の足元にスタンバイしてました。
長寿でしたが、晩年は慢性腎不全でとてもつらそうでした。
絞り出さなくては便が出ないという状態がながらく続き毛並みも悪くなりました。
23年1月13日に静かに息を引き取りました。見つめいたら、次の息が来なくてそのまま穏やかに亡くなり、きっと楽になったんだろうなと感じました。

2代目 ジジ
b0307008_07300668.jpg

同じく実家から来た猫です。
生まれたばかりの時、屋根裏の隙間に落ちたのをレスキューに助けられました。
狂暴で、ビビリで、最後までなつかず、だっこなんて全く出来ませんでした。
でも晩年は私の布団の右側にもぐり、私にシッポを持たれて寝るのが習慣でした。(寝る時だけですね)
トラが美味しいものがなんでも好きだってのと違って、飽きもせず同じキャットフードを食べ続け、他には鰹節と海苔だけという喜びを知らない子でした。
常に家の中のどこかにいて、帰って来ないと心配することは皆無でした。
今年の4月25日、アナフェラキシーショックであっという間に亡くなりました。若い若いと思っていたけど、ジジも14歳になっていました。
生きてる時は地味でしたけど、生まれと亡くなり方はとてもインパクトの強いものでした。

3代目 トト
b0307008_07290760.jpg
自分からうちを選んでやってきた迷い猫、トト。
1年3ヶ月の付き合いでした。
小さくて、華奢で、人懐っこくて面白くて、楽しく一緒に暮らしていけそうだなと思っていたのに、ある日出かけたまま帰ってきませんでした。

ご近所猫 ギンちゃん(本名 たま)
b0307008_13274169.jpg

ある日突然上がり込んで慣れ慣れしく過ごしているので、飼うことに決めたら、既に2軒隣さんの飼い猫になってました。
お隣さんでも家族中から可愛がられていたらしいのですが、高歩きの好きな子で、車にはねられて亡くなってしまいました。お隣のおばあちゃんと一緒に泣きました。

ヤマトとアン
b0307008_13325796.jpg
知り合いのお宅からもらってきました。
いつまでも一緒に暮らせるものと思っていたのに、
もし私が入院なんてしたら、ヤマトを誰か見舞いに連れてきてくれるだろうかなんて考えていたのに。まさかいなくなることがあるだなんて。
今でも最高に可愛い猫だと思います。思い出いっぱいで、ヤマトがいたらなと考えます。
アンちゃんと いつまでも待っていようね 話します。
b0307008_13370515.jpg
寂しそうに見えるアンちゃんですが、こんな姿見ると、まあま幸せそうにしてくれてていいかなと思います。
ややくつろぎ過ぎですが。

b0307008_13383702.jpg
チョビちゃんも復活したし、
復活したチョビちゃんは程よいスリムさになり、前よりちょっとハンサムになりました。
チョビ髭さえなければヤマトに見えることがあります。
通い猫でいいからチョビちゃん、元気でいてね。



今月の1日の朝いつものようにやってきたチョビちゃんが前脚に怪我をし、毛は血などで汚れ、脚全体も腫れてました。
病院に連れていきたいけどチョビちゃんはうちの子ではないし・・・・・
それ日以来チョビちゃんは、まったく来なくなりました。
次の日の朝も昼も夜も・・・

*チョビ家の人が病院連れていき、「チョビちゃん、傷がなおるまで外出禁止だよ」と言ったのか
*具合が悪くなって動けなくなったのか
*具合が悪くなると猫は行方をくらますので、いなくなったのか
想像はどんどん広がって、よほどチョビ家に安否を尋ねに行こうかと思ってましたが、今日はもうダメだったんだろうと心の中で覚悟を決めてました。

と、と、と、ところが、
お昼前、いつものところにチョビちゃんの姿が〜〜〜162.png

b0307008_13102247.jpg

チョビちゃん、元気だったのー!
よくきたねえ。
ヤンヤ、ヤンヤ
チョビちゃん専用のチーズ上げて、一緒に食べたいと思ってた竹輪あげて、食べて欲しいと思ってたアンちゃんの食べ残しを片付けてもらって
その後いつものように、まったりを始めました。

b0307008_13081462.jpg

これが、問題の傷ですが、だいぶ癒えてました。腫れも引いてます。
きっと想像その1の、「チョビちゃん、傷が、なおるまで出かけてはダメだよ」だったんでしょうねえ。
やっと、外に出してもらえて、私達の心配を気遣って
「チョビは、元気ですから」
と報告に来てくれたのではないかと思われます。

b0307008_13181203.jpg

b0307008_13185941.jpg

ひとしきりまったりすると自分から、「帰る」と言って、帰っていきました。
うちが我が家じゃないってことは知ってるんですねえ。
またおいでね、チョビちゃん!

アンちゃんは外に出ない日があります。
怖いよそ猫もいますから、出来たらずっと部屋の中にいてくれたら安心です。
昨日の朝やってきたチョビちゃんは前足に怪我をして大きく腫れてました。その後見かけないのがとても気がかりです。

b0307008_18120607.jpg

ずっと部屋にいるのでは草を食べることも出来ないのではないかと思って、庭のお気に入りの草を摘んで渡しました。

b0307008_18122803.jpg

とても喜んでくれてるようです。

b0307008_18125198.jpg


チョビちゃんも暑いのですね。
日陰で餌を上げたら食べました。
そういえば、「土用の3日は猫でも汗をかく」って言いますもんね。
たまに、アンちゃんがいない時、室内にいれてやるとホッとした顔をしてますけど、暑かったのでしょうね。



アンちゃんはほとんど外に出ることもなく家の中でまったりしてます。
自分がいかに幸せかってこと、少しは分かってくれてるでしょうか。




b0307008_06572880.jpg

チョビちゃんは朝1番からやってきます。
アンちゃんがいない時は少しだけ室内に入れてやります。
入るなり、背伸びをして「ただいまー、疲れたー、ここチョビんち!」みたいな態度でニャーニャー鳴きながら甘えてきます。
チョビちゃん用にチーズが買ってあるのであげます。
喉を鳴らしながらまたたく間に完食です。その後私の座ってる椅子で昼寝。牙むいて・・・。
何か間違ってるんじゃないかなあと思いますが。
ここ、チョビ家じゃないよね。

b0307008_07053554.jpg

b0307008_07060987.jpg

その間アン姫がどうしているかといえば、
私たちの臨時寝室(臨時といいつつ、早3年?)の畳んだ布団の上で脚線美をひろうしてます。

b0307008_07084169.jpg

b0307008_07092031.jpg

後ろの西瓜の箱は気にしないでください。アンちゃんのお気に入りの場所なんで。

b0307008_21314536.jpg

チョビちゃんが弟のチビチョビとやってきました。
義兄弟ですけどね。
今日は仲良く並んで食事を待ってます。根気よく待ちます。
チビはちっとも大きくなりません。
今日はチーズも入れてやりました。

b0307008_21374828.jpg
おまけのアンちゃん。


b0307008_19530938.jpg

あー、チョビちゃんがヤマトだったらなあ。
もしかして、ニコラス・ケイジのフェイス・オフみたいにヤマトの顔の上にチョビ顔貼り付けてやってきてるのかなと思うことがあります。
チョビちゃんは餌が欲しいというより、部屋の中に入って飼い猫みたいにしてもらうのが、好きなのです。

b0307008_19573317.jpg
これは玄関に帰ってきたパパさんに気づいたチョビちゃん。あっ、もとい、パパさんじゃなくて、ここんちのおじさん。
この仕草もヤマトに似てるな。
チョビちゃんも飼い猫気分です。


先日の雷は凄まじいものがありました。
昨日もゴロゴロとかなり鳴ってました。
アンちゃんは、物音にすごく敏感なので、音がする度に訝しそうな眼差しで天井を見上げます。

b0307008_19022060.jpg
アンちゃんは、水はコップで飲むというのが普通になりました。
猫だってお皿じゃなくてコップがいいですよね。

b0307008_19024907.jpg


チョビ先生、美味しそうに食事をします。
ブレブレなんですけど、チョビちゃんの可愛らしさが出てる気がして採用です。

b0307008_19063526.jpg

b0307008_19071630.jpg