今年の夏は随分虫にやられました。
ホソオビアシナガクチバとハダニだと思うのですが。
私は夏場は庭作業休みなんですが、PPは毎日熱心に作業をやってました。でも、葉っぱ少ないなあ。それともこの程度で収まったのはPPのおかげと考えるべきでしょうか。
秋バラがポツリポツリと咲き始めました。
ウィンチェスターキャシードラルです。昨年、茎が細くて誘引しやすい、茎があまり伸びない、というのを見込んで塀際ツルバラとして植えました。
その特性は十分発揮してくれてます。一言でいえば、華奢です。

b0307008_06030785.jpg

隣には、この秋、エルフノスタルジックを植える予定にしてます。
同じ白系の花ですが、趣はかなり違います。
花は大きく、ポッテリしていてクリーム色がかる。茎は頑丈、よく伸びる。
はたしてどんな景色になるの半分不安ですが、バラ達にまかせるしかないですね。

b0307008_06042837.jpg

もらったバラ、ミルフィーユ。河本ローズのバラです。
これも華奢です。でもよく咲きます。白にピンクの縞が入るのですが、これはピンクがたまたまよく出てます。
1度地植えしたら寂しいものとなったので鉢上げしました。
鉢の方が肥料の流出がないですからね、良く育ちます。

b0307008_06084173.jpg

意外にもよかったウイリアム・シェークスピア2000。
これは何色と表現すべきなのか言葉を持ちません。
私としては紫を帯びた赤色なんですけどね。
春のシュートをピンチし損ねたので、樹形が悪くて長いシュートの先に咲いてしまってます。

b0307008_06272657.jpg

2年前のフラワーアレンジメントの挿し木バラです。
フラワーアレンジメントからの挿し木がとっても多くて、全て名前が分らず、それがドンドン増えるので、どうしたもんだろうかと考えてます。
これは通称オレンジ。中輪なんですが、ほんとによく咲きます。
よく咲くというのは育てる側から言ったらとてもありがたいことです。当たり前ですけど。

# by appleleaf38 | 2017-10-03 06:13 | | Comments(4)
b0307008_14424701.jpg

昨日はフラワーアレンジメントのレッスン日でした。
今回は、すだれを使った秋っぽい和のテイストたっぷりの作品でした。
花材もたっぷりありました。

出来上がった作品をモデルに一眼レフやら、沢山撮影しましたけど、結局写りのよかったのは教室で写した最初の1枚。やれやれですわ。
せっかく写したので、もう1枚、と。

b0307008_15035900.jpg



# by appleleaf38 | 2017-09-15 14:41 | | Comments(2)

今年も、わが家の猫たちをカレンダーの1ページにしてもらおうと、頑張って、カレンダー募集に応募しました。
今のところ2件から採用通知もらってます。1件では、アンちゃんとヤマト。
もう1件は、アンちゃん、ヤマト、アンちゃんとヤマト の3枚が採用されました。
まず、1件目のカレンダーが届きました。
猫めくりという365日の日めくりです。

b0307008_19384675.jpg

アンちゃんは、1月に採用でした。
土日なので、2日間楽しめます。
凄く苦労して撮影したコップの水飲みアンちゃんの画像ですが、受かったのは水飲んでないとこでした。

b0307008_19411795.jpg

今年はヤマトも採用されました。
7月です。
嬉しいな。
実はチョビちゃんの画像も1枚入れてたのですが、それはボツだったようです。
チョビちゃんには悪いけど、チョビちゃんが採用されてアンちゃんがボツだったら、アンちゃんに申し訳なかったと思うのでよかったです。

b0307008_19455096.jpg
このカレンダー、2100円もするのですよ。
買うのだったら、とても無理です。

b0307008_07580543.jpg

これは、トワイライトエクスプレス瑞風!
山陰、山陽本線を豪華に旅行する列車です。
先日、岩国に友だちと出かける途中、鉄道脇に構える撮り鉄を目撃して、
これは、瑞風が来るな!
と直感しました。
南岩国では旗を持たされたお出迎えギャラリー多数も見かけました。
道では、瑞風の伴走バスとも遭遇。
間違いない。
昼食は米軍基地の入り口にあるステーキハウスを予約してましたので、そこで検索かけると10分後に店の側の線路を通ることになってます。
店の人に断り、
友だちと店の横の踏切に出かけ、二手に分かれて撮影しました。



動画なんですが、うまく貼り付けられたかな。

b0307008_08253794.jpg

b0307008_08260178.jpg

ここに写ってる男性は全くの他人さん。
どうもレストランで私達の会話を聞きつけたお客さんらしいのです。
乗ることは生涯ないでしょうけど、見られたのでとっても満足な1日でした。

やはり赤いソファーはうちには不似合い過ぎたかなあとウジウジ思う日々。
でも、座ってテレビを見る時、座席下を掃除する時、
「あー、この椅子にしてよかったなあ」
と思います。
なので、この椅子用のカバーを買うことにしました。
全部を覆ってしまってはつまらないので、背もたれにかけるだけの大判バスタオルを探しました。
行き着いたのが、このペンドルトンのバスタオルです。
色々柄があり全部欲しくなるのですが、ソファーに合うようにとマウンテンマジェスティにしました。
後は、シート部分の敷物に何を選ぶかなんですけど、前から使ってる敷物が使い心地がいいので、ゆっくり考えることにしたいと思います。

b0307008_07330518.jpg

アンちゃんも快適そう。
アンちゃんのこの青色猫柄タオルもとっても不釣り合いなんでおいおい考えたいと思います。

広島にレクトと言う商業施設が出来たというので、おばあちゃん、green、greenの赤ちゃんredちゃんと出かけてきました。

b0307008_15092114.jpg

「大概皆さんここで写真を撮ります」っていう蔦屋の壁面棚。

b0307008_15144214.jpg

その中でも気になったのが、この猫コーナーでして、猫のメガネケース買いました。

b0307008_15171854.jpg
食べるところがたくさんあり、どれも試してみたかったのですが、
彩然という和食のお店にしました。小分けの木箱に好きな前菜を選んでくることが出来るのです。
食後は恋恋に。抹茶スイーツ美味しかったです!

# by appleleaf38 | 2017-08-25 15:05 | Comments(4)


以前、ブログで激写と書いたら、死語だと言われましたけど、
久々うちに上がったチョビちゃんだったので、激写しました。

b0307008_23100585.jpg

b0307008_23111378.jpg

b0307008_23114629.jpg

僅かの時間だったけど、チョビちゃん、幸せ時間だったかな。



b0307008_23035408.jpg

1ヶ月ぶりのフラワーアレンジメントのレッスン日でした。
3種類の葉っぱをブーケ状にして中心にいけてるブーケなんです。
悪銭苦闘でした。
いつもなら、玄関似飾るのですが、暑くてとても花が持ちそうにないのでダイニングに置きました。
今ではアンちゃんが全く高い所に上がらなくなったので花を飾っても大丈夫になりました。

# by appleleaf38 | 2017-08-24 23:03 | | Comments(2)

怪我を心配していましたが、復活からまたチョビちゃんは毎日来てくれてます。
前より食べる量が減ったのが気になりますが、傷は癒えているようです。
家でたっぷり食事をしたにしては痩せてるし、笑えてもやっぱりはチョビちゃんはデブの方がいいな。

b0307008_09394514.jpg

帰省中のLIFE君にも足つんつんで可愛がってもらいました。
LIFE君は猫アレルギーの猫好きなのです。

b0307008_09412748.jpg

b0307008_09414800.jpg

チョビちゃんはは、膝にのってまったりするのが好きみたいです。
自宅ではどんな生活してるのかなあ。
フミフミも大好きです。床に寝そべっては1人フミフミやってます。幼くして別れたお母さんが恋しいのかな。駐車場で鳴いてるのを保護したと飼い主さんから聞いています。
ひとしきり遊んだら、さよならチョビちゃん!またね。

チョビちゃんはもう会えなくなってしまったものと思い、今までの猫の話をアップしようと思っていたら、チョビちゃんが復活してくれ、アップの機会を逸してました。
でも、せっかく画像も準備したので。

初代猫 トラ
b0307008_07182611.jpg

実家に迷い込んできた猫をもらいました。
シッポが全くないというユニークな姿でしたが、器量、愛嬌、頭、性格と申し分のない立派な猫でした。
家族皆どれだけ癒やし助けられたことか。
カニ缶が大好きで、缶切り持っただけで私の足元にスタンバイしてました。
長寿でしたが、晩年は慢性腎不全でとてもつらそうでした。
絞り出さなくては便が出ないという状態がながらく続き毛並みも悪くなりました。
23年1月13日に静かに息を引き取りました。見つめいたら、次の息が来なくてそのまま穏やかに亡くなり、きっと楽になったんだろうなと感じました。

2代目 ジジ
b0307008_07300668.jpg

同じく実家から来た猫です。
生まれたばかりの時、屋根裏の隙間に落ちたのをレスキューに助けられました。
狂暴で、ビビリで、最後までなつかず、だっこなんて全く出来ませんでした。
でも晩年は私の布団の右側にもぐり、私にシッポを持たれて寝るのが習慣でした。(寝る時だけですね)
トラが美味しいものがなんでも好きだってのと違って、飽きもせず同じキャットフードを食べ続け、他には鰹節と海苔だけという喜びを知らない子でした。
常に家の中のどこかにいて、帰って来ないと心配することは皆無でした。
今年の4月25日、アナフェラキシーショックであっという間に亡くなりました。若い若いと思っていたけど、ジジも14歳になっていました。
生きてる時は地味でしたけど、生まれと亡くなり方はとてもインパクトの強いものでした。

3代目 トト
b0307008_07290760.jpg
自分からうちを選んでやってきた迷い猫、トト。
1年3ヶ月の付き合いでした。
小さくて、華奢で、人懐っこくて面白くて、楽しく一緒に暮らしていけそうだなと思っていたのに、ある日出かけたまま帰ってきませんでした。

ご近所猫 ギンちゃん(本名 たま)
b0307008_13274169.jpg

ある日突然上がり込んで慣れ慣れしく過ごしているので、飼うことに決めたら、既に2軒隣さんの飼い猫になってました。
お隣さんでも家族中から可愛がられていたらしいのですが、高歩きの好きな子で、車にはねられて亡くなってしまいました。お隣のおばあちゃんと一緒に泣きました。

ヤマトとアン
b0307008_13325796.jpg
知り合いのお宅からもらってきました。
いつまでも一緒に暮らせるものと思っていたのに、
もし私が入院なんてしたら、ヤマトを誰か見舞いに連れてきてくれるだろうかなんて考えていたのに。まさかいなくなることがあるだなんて。
今でも最高に可愛い猫だと思います。思い出いっぱいで、ヤマトがいたらなと考えます。
アンちゃんと いつまでも待っていようね 話します。
b0307008_13370515.jpg
寂しそうに見えるアンちゃんですが、こんな姿見ると、まあま幸せそうにしてくれてていいかなと思います。
ややくつろぎ過ぎですが。

b0307008_13383702.jpg
チョビちゃんも復活したし、
復活したチョビちゃんは程よいスリムさになり、前よりちょっとハンサムになりました。
チョビ髭さえなければヤマトに見えることがあります。
通い猫でいいからチョビちゃん、元気でいてね。