この日のお出かけは広島植物園でやっている叔母のボタニカルアートの展示を見に行くためでした。
母と2人初めて貸出車椅子を体験しました!

b0307008_13401818.jpg

# by appleleaf38 | 2017-06-06 23:35 | Comments(0)
うちでは、来春に向けてのバラ苗の植え付けは主に6月頃やってます。
冬前の方がいいのかなあとも思うのですが、春の反省をして改造点を思いつくのは今時です。秋まで待てませんし、その頃は気持ちも冷めるし、忘れてしまいます。
結構この頃注文すると開花しそうな良い苗もきます。
ツルバラなどは冬をなって植えても翌春には見ごたえのある程には育ちません。
それやこれやで、うちではこの梅雨が来る前のまだ暑さもさほどでない時に植えてます。
散々迷ったあげくのはてに私が買ったバラは3本・・・・・
届いてみればよく似た3本。私ってこういう色が好きなんだろうかと首をひねりたくなります。自分ではかなり変化をつけてたのんだつもりなんですけどね。

b0307008_15510228.jpg
まず一本目、ポンポネッラ。
四季咲き
花径:4センチ
樹高 2m ✕ 横張り 1.5m
作出: コルデス 2005年 ドイツ

ディーカップの房咲きでアーチなどに向くとても丈夫な品種ということで、暴れん坊パレードの後に植えました。
これで背後のつるスマイリーフェイスにも日が当たり、ピエール・ドゥ・ロンサールとフロレンティーナのアーチもよく見えるようになると思います。

b0307008_16094514.jpg

以前は↓こうだったのです。
豪華だったけど、むさ苦しかったです。
b0307008_19152043.jpg

b0307008_16104109.jpg
花はこんなに可愛いです。
でも、色がパレードとおんなじ。やはりここにはこの色がイメージだったんですねえ。

2本目は、あおい
b0307008_16212418.jpg
たしか F&Gローズだったと思います。
花径:5cm
樹高 0.6〜0.8m
木立ち性
国枝啓司 日本 2011年

ピンク。でも私としては青みを帯びたピンクでかなりこだわりの色なんですけど、なぜか、レオナルド・ダ・ヴィンチに似てるぞ!変だなあ、重ならないようにと考えたはずなのに。
あおいにするか、つきよみにするか、かおりかざりにするか、いおりにするか、散々迷って、これ?
多分、どれを頼んでもどれかに似てたんだと思います。
あおいは憧れだったのです。
それに2,3週間咲き続けるというのも嬉しいことです。

b0307008_16244541.jpg

ボタンをのけて植えました。
ボタンが間に1本あるばっかりに奥の2本のバラ(ニューウェーブとローズ・デ・キャトル・ヴァン)が誰からも見てもらえない状態だったのです。きっとこれからは皆さんにみてもらえるに違いないと思います。

3本目は、イーハトーブの風
b0307008_16280802.jpg
まだ咲いてません。

b0307008_16515705.jpg
咲くとこんな感じのようです。

名前がいいですよね。
花径: 11〜12cm
半直立
樹高: 1〜1.2m
この花径の大きなのと色の複雑さに惹かれたのですが、意外にピンクでした。
ピースにしとけばよかったかなあ。でも、さいてみないことにはね。
これは、どうにも垂れ下がって困るパットオースチンの後に植えました。
パットオースチンは鉢で楽しむことにしました。

b0307008_16384907.jpg
背後のタチアオイは来年は場所替えとしましょう。

b0307008_16415490.jpg
以前はこんな感じでした。

さあ、どのバラもこれから上手く育ってくれたらいいんですけど。

のけたパレードなのですが、嫌いだったわけでなくあまりに暴れん坊だったので、納屋の横に大きな場所を用意し移ってもらいました。

b0307008_16480768.jpg
3個の構造物も用意しました。
 
後1つ、挿し木で育てたダブリンベイをようやく地植えにしました。


# by appleleaf38 | 2017-06-06 15:49 | | Comments(0)
b0307008_16425918.jpg

アルセア ロゼアニグラ。
黒のタチアオイ、ホリホックです。
昨年からうちの花壇の仲間入りをし、昨年種をとって方ぼうに植えました。
採取種からの発芽だと色が変わるかなと心配したのですが、無事昨年と同じ黒が咲きました。
でも昨年はオープンガーデン時には随分咲き進み背が高くなって終わるんじゃないかというほどだったのですが、今年はようやく第1号が咲きました。まだ背丈の小さいものもあります。やはり気候が変ですね。

b0307008_16491935.jpg

b0307008_16543824.jpg

先日のサルビア ヴァチカンホワイト、うなだれていた頭を持ち上げこんなになりました。多少サルビアぽいです。来年まで是非苗が残って欲しいです。

b0307008_16511565.jpg
こんなに大きいのです。

b0307008_16515006.jpg
春咲き秋明菊です。
意外なんですが、増えます。多分種なんじゃないのかと思うのですが、以前一箇所だったのが今は三箇所、増えてます。

b0307008_16561050.jpg
昨年母が宅配屋さんから買った水耕栽培アマリリスです。
土に埋めておいたら咲きました。
楽な花ですね。

b0307008_16571108.jpg
玄関横のクレマチス、ジャックマーニー。
もうちょっと青っぽい色なんですけどね。



# by appleleaf38 | 2017-06-04 16:42 | Comments(1)
b0307008_22023827.jpg

クレマチスの篭口とヴィクトリアが満開です。
2枚のトレリスに3種類のクレマチスを植えてますが、今年はブルーエンジェルが元から切れてしまったので僅かしか咲きませんでした。↓

b0307008_22065734.jpg

b0307008_22072952.jpg

白万重とコラボ中のジョリーグッド、小さな花です。




# by appleleaf38 | 2017-06-03 22:01 | Comments(0)
インスタグラムがそのまま貼り付けられて、しかも飛べるようになったというのでやってみました。
ホーホー、簡単です。
(わたしはいつもスマホ用入力画面でアップするのですが、なぜか文字が時々小さくなってます。理由が分かりません。エキサイトさんなぜ?)


昨年の11月に生けたアレンジメントのバラです。
薄いピンクがややくすんでいてとてもいい色です。花型もきれいです。

b0307008_22202245.png

↑このピンクの花を挿し木しました。
中々、苗としては出回っていない色です。
とっても好み!

b0307008_22220179.jpg

b0307008_22231843.jpg

b0307008_22243388.jpg

この3本は2年前に生けたバラのアレンジメントから挿し木しました。
↓ このアレンジメントです。
赤だけはダメでした。

b0307008_22295671.jpeg

アレンジメントの花を挿して困るのは名前が分からないことです。
ピンクのバラは調べに調べて花弁の縁にややグリーンの色がまじるとこといい、スイートアバランチェにまちがいないとネームプレートに書いてとりつけました。
他のはとても無理そうです。栽培農家の人なら分かるのかもしれませんね。
アレンジメントで生けたバラは基本切り花用の苗なので、庭植え用の苗としては流通していないようです。
切り花用は花持ちの良さは感動ものですが、稀に雨に弱いものがあります。
↑の真ん中黄色のバラは雨に咲きかけの蕾があたるとボーリングしてきれいに開かなくなります。
鉢からは出せないかもしれませんね。開花時期には予報を聞いて軒下にしまってます。

b0307008_06064713.jpg

これはもう数年前に近所のバラ直売所で買ったバラを挿し木したものです。
直売所ですから、新鮮です。
今ではとても立派な苗になり茎も太く切り花にはもってこいって感じの1枝に大きな花を1個だけつけます。
これもながらく名前が分かりませんでしたが、別の機会にそこへ行った時名前を尋ねたらメモリーと教えてもらえました。
そっか、メモリーだったんだ。覚えやすいなあ。

b0307008_06215355.jpg

これは わかな です。
挿し木ではなく苗を買ったものですが、切り花用の苗だというつながりで。
それが近頃は庭植え用としも苗を販売しているそうです。
白なのですが、グリーンがとても濃く入り、きれいです。
やはり雨に弱いです。蕾が膨らみ始め開花までがすごく時間がかかります。花弁が硬くつまってるせいかボーリングしやすいのでしょうね。肥料も少なめにしないとやはりボーリングするようです。
でも、そんな性格を呑み込んでるとさほど作るのが大変でもありません。
気難しい人も付き合い方さえ分かれば案外いい人ってのと同じかな。

今年も花がらを剪定しながら挿し木をしてます。
心配性なので、好きなバラはもしこれが枯れたらどうしようとスペアを作りたくなるんです。
太からず細からず、新しからず古からずって枝をしばらく水につけて(無精して長々つけることもあります)、後は切り口にルートンをつけ、パーミュキュライトを入れたポットに挿して水をやって終わりです。
今年は何本ついてくれるかな。

# by appleleaf38 | 2017-06-01 22:17 | | Comments(0)
b0307008_20555466.jpg

今日はフラワーアレンジメントのレッスン日でした。
今日の花材は芍薬です。
毎年この時期は芍薬の花なので、この時は必ずレッスンを取るようにしています。
今日は赤が3本、おまけで白が2本ついてましたが、開くと大きな花なので白は使わず持ち帰りました。

b0307008_21362632.jpg

前回のレッスンはバラばかりの花材でちょうどオープンガーデンの数日前でしたので、オープンガーデンの日のウエルカムフラワーとして入り口に飾りました。

b0307008_22075490.jpg

入り口はバリバリの和風です。
刺繍の先生が会に合うからと刺繍額を飾って下さいました。



# by appleleaf38 | 2017-06-01 20:55 | Comments(0)
今年も色々試してみて、結果が出たもの出なかったものとありました。

グラハムトーマス
b0307008_21494625.jpg
ほんとに色良し、形良し、その上多花性でと素晴らしいバラだと思います。
花持ちがよかったらもっといいのに。
今年はこのグラハムトーマスを、前面は普通にシュラブ風に自然樹形、後ろはフェンスに誘引しました。
(下画像手前はサンセットグロウで背後の黄色のバラ。)

b0307008_21540002.jpg
しかし、咲いたのは前面シュラブ樹形だけで横に誘引したものには咲きませんでした。
両方欲張ったせいかもしれませんが、もうトーマスさんはフェンスへの誘引はやめます。

パレード
b0307008_23003700.jpg
パレードは段差誘引が良いと書いてあったので出来るだけ頑張りました。
しかし、まあ咲かなくはなかったという程度でした。アーチの裏側はやはり咲かない。
たぶん、何よりも1番に日当たりが良いかどうかが問題なんだろうと思いました。
段差にしてもそこに日が当たってなくては意味ないということなんじゃないかと思うのです。アーチのてっぺんはいつも陽当りがいいですからねよく咲きます。

肥料
今年は昨年に比べだいたい良く咲きました。
昨年の咲かなかった理由も分からないので工夫のしようがなかったのですが、
どうも肥料が葉っぱにききすぎているように感じられたので、今年からバラの専用肥料を使うことにしました。
これがよかったのか、それとも天候のせいなのか分かりませんが、今年は咲きました。
年々歳をとる私達夫婦、方法を簡単にしなくてはいけませんからバラの専用肥料に変えました。バラ専用肥料は高い気がしますが、色々買って混ぜ合わせることを考えたら費用的にも変わらないし労力も少なくなるので簡単になっただけよかったです。

バラの本
わたしは昔から参考書を、買うのが大好きでした。
今はバラ栽培の本を見かけたらすぐ欲しくなります。なのでうちには沢山の解説書があります。もう、何を信じていいのやらです。
で多分どれも正しいことなんでしょうが、私が思うに、解説書は出来だけ新しい最近の物がいいんじゃないかと感じました。
研究もすすむでしょうし、、バラだって次々品種も出てきますからそれに対応した栽培方法出てくるでしょうからね。肥料だって材料だって新しく出ますし。
そうやって考えると参考にしようと思う本がしぼられてきて、ちょっとよかったかな。

b0307008_06373863.jpg
最近よく見る解説本。
表紙を見てるだけでテンション上がります。
それぞれの本にそれぞれ、私が繰り返しなんだったっけと見たくなる箇所があるのです。
右の有島先生の本では肥料のやり方、
左の京成バラ園の本は春の一番花、二番花、三番花の花がらつみのやり方など、何度も見てしまいます。付箋ついてます。

b0307008_06462423.jpg

新しくバラが欲しくなったら右の本を繰り返し見ます。
ちょっと前までは左の本がバイブルでした。今でも基本はこれかなと思って繰り返し見ます。でも肥料のことが我が家の痩せた土地には無理かと浮気をしてるのです。

b0307008_06442596.jpg

しぼったと言いながら、この多さ。
やはりそれぞれに参考になるとこがあるんですよね。
Q & A ほうほうと思うことたびたびあります。
てな具合に。
わたしの読みたいとこのページをカットして綴じとこうかと思いますよ。
毎度読みたい箇所を探すのが大変なんです。
と書きながら、うん、そうだ!そうしよ。と思いました。さすがに裂けないからカラコピーしてとっとこ。(あー、プリンター壊れたな、修理に出さなきゃ。)

鉢植えの肥料のやり方、今年は本を見て、毎月市販のバラ専用置き肥をやってみたらよく咲きました。そうとう簡単で嬉しかったですよ。

b0307008_23541641.jpg

b0307008_00000876.jpg


バラのネームカード
いつもオープンガーデンではバラの名前を聞かれることが多いので、今年は百均の洗濯ばさみに名前を書いて取り付けてみました。

b0307008_00042848.jpg

実を言うとこの洗濯ばさみが沢山あったので利用したかっただけなんです。
でも、好評だったように思いました。どことなくオシャレだし。多分。
これを夫婦で夜な夜なテレビを見ながらペイントし、名前を書いてニスをかけたのです。
はじめは私1人、でもどうも主人がやりたそうなので、ペイントは主人に任せました。









# by appleleaf38 | 2017-05-31 21:47 | | Comments(0)
今までも度々書いてきたエリナ問題、この度ようやくすっきり解決しました。

b0307008_10172278.jpg

手書きでエルフと読める白のバラを買いましたが、調べるとエルフというバラとは色も形も全く似ていません。
枝がツルバラのようにグングン伸び硬く、花はかなりの大輪です。
そんな時、バラ園でエリナというそっくりなバラをみつけました。ただエリナはハイブリッドで伸びていません。
育て方を間違えたのだと昨年挿し木で後継者も作り、げんこつ剪定でツルバラとして扱うのをやめました。
しかし、切り詰めた苗も、挿し木の苗も、バラ園のエリナのような姿にはならず、ガンとして伸びようとするのです。
エリナの枝変わり?などど思っていた時、
インスタグラムでそっくりなバラをエルフとして載せている人を見つけました。
コメント入れてたずねると調べて下さり、「エルフ ノスタルジック」というバラだと見つけて下さいました。
エルフノスタルジックなら全てに合点がいきます。

(エルフ ノスタルジック)
[樹 高]2.5〜3メートル
[花弁数]80〜90
[花 径]10〜13cm
[開き方]ロゼット咲き
[形 状]つる性
[花 期]四季咲き

こうして我が家のバラは エルフ→エリナ→エルフノスタルジック となりました。
私1人が迷走してたとも言えなくもないですが。
もう何年も大輪の花を咲かせる白色のツルバラを探していて未だに探しきれてなかったのです。
大輪もとめ、アラミスやウンチェスターキャシードラル買いましたが、求めるものじゃありませんでした。
それが、灯台下暗しで、ずっと私のそばにあったということになります。

b0307008_10342792.jpg
今鉢植えにしているエルフノスタルジックの挿し木苗。
15センチはありそうな花をつけてます。花持ちよくずっとこのままです。
蕾の時は、やや縮れ気味でグリーンがかっていますが、開き始めると白、さらに咲き進むとクリーム色になります。

b0307008_10383267.jpg

上側の黄色です。
2本あるポールスカーレットクライマーを1本のけて、その後に植えるツルバラをさがしていたので、このエルフノスタルジックを植えたいと思います。
買わずにすんだので、とても得した気分です。
元の苗と挿し木苗2本で、この苗が3本になってしまいました。はて、どうしましょ。

b0307008_10522327.jpg
アラミス。これはこれで好きですが、花が小さく、ツルにするには少し無理があります。

b0307008_10540638.jpg
ウィンチェスターキャシードラル。
やはり花が小さく、しかも儚過ぎます。もっとしっかりしたものを求めてました。

b0307008_10555803.jpg
マダム アンディ。
これはツルバラ扱いにしてませんが、とっても気に入ってるので良です。
この形があるので、別の花型を求めてるのかもしれません。

b0307008_11024814.jpg

b0307008_11031084.jpg
1本のけることになったバラ ポールスカーレットクライマーです。
かなり古い作出のバラですけど、満開になるとみごとです。

来年が楽しみです。




# by appleleaf38 | 2017-05-30 09:37 | | Comments(2)
b0307008_06534846.jpg
 
うちの庭で頑張ってるのは、バラはもちろんなんですが、その周りに植える草花にも力を入れてます。
バラ園のようにバラだけ植わってるのはしたくないという考えなんですが、これが結構難しいのです。
バラに肥料をやると周りの草花も肥料を吸い巨大化します。バラよりも吸収力いいです。
大きくしたくないと少し遅めに植えると育たない。
ほとんどが宿根やこぼれ種なので元気モリモリで、バラよりも目立ってしまうこともあります。脇役なんですけどね。

目立ってたといったらこのアカンサスモリス。
オープンガーデンで何度も唱えることとなりました。かなり聞き取りにくい名前のようです。しかもアガパンサスに名前が似ているので、?とか。
大きいですが、圧倒的に大きくて他とからまないのでいいです。
花も葉っぱも尖っていて当たると痛いです。
丈夫です。いくらでも増えていきます。根絶したと思っても出てきます。ありがたいんだか迷惑なんだか。

b0307008_07060518.jpg

一昨年種を蒔き昨年は苗のままだったペンステモンがやっとこの春咲きました。
しかもわんさか。いやー、長かった。
でも、中々に素敵で切り花にしても良い感じになりました。
でもやはり少し背が高くなり過ぎ、バラの印象を消してしまいました。

b0307008_07085913.jpg

ジキタリス ポリカドットピパ。
点前のバラ、マリアテレージアに合わせて植えてます。あまり自己主張しない良い花です。昨年挿し木で増やしてみました。挿し木というと皆さん、えっ?と言われるのですが、たしか出来たのです。自分でも?なんですが。

b0307008_07125556.jpg
マリアテレージアとピパ。

b0307008_07140510.jpg
こちらは普通のジキタリス。
きれいというより、目立ち過ぎで背後のバラを完璧に喰ってしまってました。
オープンガーデン時には、目立ち過ぎなので2番花の位置に切り詰めました。
来年この位置にジキタリスは植えないと堅く心に誓いました。

b0307008_07231802.jpg
買ったのはたしかに私なんですが謎の花。
オープンガーデンには数日間に合いませんでしたが、なんとなく面白いです。
名札はクラリーセージ サルビア バチカンホワイトとなってます。

b0307008_15363478.jpg







# by appleleaf38 | 2017-05-29 06:52 | Comments(0)
1つづつのバラをのせたいのですが、追いつかない気がします。

b0307008_22123572.jpg

昨年ちょうど今頃姫野バラ園から買ったツルバラ フロレンティーナです。
電話をしたら、欲しかったバラがなくて代わりにこのバラをすすめられました。
バラ屋さんがすすめるだけあってとても素敵なばらです。
バラを買う時は
①色形はいうまでもありませんが、
②形に変形が出ないこと、咲き初めから最後までくずれないこと
③花持ちがいいこと
というのを条件にしていますが、このバラは全てを満たしてます。
そして、たった1年で見事にアーチを作ってくれました。

b0307008_22242188.jpg

孫とおなじ名前だったので記念に買ったバラです。  
右にみえるのはミステリューズです。

b0307008_22312887.jpg
ビヱドゥー。
ピンクにすこし優しい縞模様が入ります。
可愛らしさに引かれて買ったのですが、背が高くなるようです。
ちょっと困るな。

b0307008_22342545.jpg
優秀と言えば、これほど優秀なバラもなかなかないのではないでしょうか。
レオナルド・ダ・ヴィンチです。
花型が崩れたことがないのは見事です。

b0307008_22380469.jpg
知り合いにもらったバラ、ゴールデンハート。
ハイブリッドで、直径15センチの巨大輪、我が家で1番大きな花です。
フロリバンダが多い我が家のバラの中で嬉しい存在です。

b0307008_22410570.jpg
パットオースチン。
オレンジのバラとしてとても有名ですけど、カタログ落ちだそうです。
やはり、枝がしなるのが不評なんでしょうか。
我が家でもやや持て余し気味で第一線は退いていただくことになり、来シーズンから鉢植えとしました。






# by appleleaf38 | 2017-05-28 22:11 | Comments(0)