タグ:チョビちゃ ( 48 ) タグの人気記事

b0307008_08295803.jpg


今朝も朝一チョビちゃん猫ドアから覗いてます。
あら、可愛い。
いつも無表情なのに。
いつもこんな顔してればいいのに。

b0307008_08300172.jpg


いつもほぼこんな顔しか見せてなかったのに。
出きるんだねえ、可愛い顔。おなじ猫とは思えませんよ。

b0307008_08300526.jpg


アンちゃんはいつものとこから、眺めてます。
b0307008_20570509.jpg


のせるにはちょっと恥ずかしいのですが、(ヤマトが壊した猫ドアの修繕がうまくできてません)
このピンボケの画像は何かといいますと、
チョビちゃんが、我が家の猫ドアの存在に気づいてしまった!
て話なのです

今まで表からしか来たことがなかったので知らなかったようなのですが、なぜばれてしまったのでしょうか。慌ててロックをかけましたが。
一応このドアはうちの子達だけの入り口だから、チョビちゃん、よその子だからね。

b0307008_20570734.jpg


これが、朝の出来事です。
しかし、夕方にはさらなる出来事が。
撮影はできなかったのですが、
チョビちゃんが自分ちで飼われてる弟分の子猫を引き連れてやってきたのです。
エエエエッーーーー。
少し餌を食べてそそくさと帰っていきましたが、どうもこれからもやってきそうな感じです。

チョビ家では、
「ちび、今日は兄ちゃんがええとこ連れてったるからな、カマボコやチーズが食べれるぞ」
「わーい、兄ちゃん、ついてくよ。」
「兄ちゃんの顔だからな、ええ子にしとるんだぞ」
なんて会話がされてるんじゃなかろうかと思ってしまいます。

b0307008_20570909.jpg


アンちゃん、のんきになんかしてられないよ。
目が覚めたら、侵入者に場所とられてるかもよ。餌も。
b0307008_14035047.jpg


ご近所ネコチョビちゃんは毎日やってくるのですが、今朝はちょっと変です。
とても熱心に鳴きます。
チョビちゃんは男の子、どうも春が来たようです。
手近な女子でうちのお嬢さん方を求めてるのかもしれませんが、とにかくうるさいし、中に入りたくてしかたがないようです。

b0307008_14040838.jpg


でも、アン姫は無反応。

b0307008_14042603.jpg


老婆ジジは睨むだけ。

b0307008_14044671.jpg


それにチョビちゃん、女の子を誘うのならもっと笑顔でなきゃね。


バラの剪定始めました。
といっても、本数がそんなに多いわけではないので、2日もあれば終わってしまうんですけどね。
一番の楽しみを味わえないのは淋しいので、剪定は二人で1本の苗を協同で、一枝ごとに合意をとりつけながは行うことにしました。
b0307008_18513949.jpg


ミステリューズです。
あまり格好のいい苗ではありません。
出来たら、剪定で形を整えたいとこですけど、枝数も少なくて。
後継者の育成は既にしてあります。
寂しい姿となりました。
b0307008_18514195.jpg


次はマリアテレージア。
b0307008_18514493.jpg

こんもり繁る姿を頭に描いてるのですが、ちっともなりません。
今春こそ!です。

b0307008_18514667.jpg


b0307008_19525132.jpg

昨年の5月のバラ。
右の紫がミステリューズ、左の淡いピンクがマリアテレージアです。
もっとわんさか咲いてほしいものです。
雰囲気は気に入ってるんですけどね。

鉢は私担当でした。
b0307008_18514800.jpg

私が挿し木をしたものがほとんどです。
一年生、二年生の苗が多いです。

b0307008_18515088.jpg


もちろんお供はチョビちゃんですよ。
あまりに近づいてくるので、枝と一緒にシッポをはさんでしまいそうです。

b0307008_18515239.jpg


b0307008_18515462.jpg


by appleleaf38 | 2017-02-01 18:24 | | Comments(2)
b0307008_15000502.jpg


この2日ばかり寒かったせいかチョビちゃんがやって来ませんでした。
今日は久々暖かくて、朝からたびたび顔を出してくれます。
この格好いつもヤマトがここでやってたポーズです。

でも、不思議と、ヤマト?と錯覚することがありません。
毛の色はそっくりなのに、まだ色の違うアンちゃんの方が、えつ!?と思う瞬間があります。やはり血でしょうか。

チョビちゃん、特に歩いてたりすると首の伸ばし方、しっぽの振り方、足の運び方、全く違います。
今でも、以前教えられて見に行ったネコが、もしかしてヤマトだったらどうしようと思うことが度々ですが、チョビちゃんを見てて「やはりあの子は違ってた」と感じます。
最近思い付いたのですが、あのネコの後ろ姿が違和感だったのは、ヤマトはシッポだけがサバトラ色でアンちゃんと同じだったからだと気づきました。
やはり、あれはヤマトじゃない!私がヤマトを見極められないなんてない!
とかなんとか思いつつ、過ごしてます。

b0307008_15000868.jpg


でも、チョビちゃんはチョビちゃんで、面白いです。
写真撮ろうにも、足にまとわりついて・・・・・ 
プフッ( ^ω^ ) なんか嬉しい。

b0307008_15001044.jpg


お約束のPPの作業のお手伝い。

b0307008_15001239.jpg


毛繕いもして。
私の庭作業もたっぷり手伝ってくれました。
これから庭での用事が増えてくなか、チョビちゃんの出番もふえますよ。
明日も元気に遊びにおいで。

b0307008_18191297.jpg


これは、な~んだ。
003.gif
昨日私が留守の間にPPが作業に励み、通路のセメントがはげた部分を塗り直したらしいのですが、その上をチョビちゃんが歩いたようです。
肉球の跡が沢山ついてます。

b0307008_18191595.jpg


「もー、チョビちゃんたら~」っていいながら、PPも私もニヤニヤです。
これはかなり美味しいものが出来ました。
でも、チョビちゃんがうちの子じゃないってのが、釈然としないとこですが、ヤマトのならよかったのにな。

b0307008_18191713.jpg


アンちゃんは、全く私たちの趣味に貢献することなく、
美脚なのはわかるけど、猫の置物の上に足をのせて毛繕いに余念がありません。
アンちゃん、置物の使い方間違ってるよ。

b0307008_17391633.jpg


えー、ママまだ狙ってるの?
ほんとしつこいのよね。

b0307008_17391965.jpg


どっ?今日は撮れた?満足したの、ママ?

うん、アンちゃん、協力ありがとうね。

今日、お出掛けから帰って来たら外で迎えてくれたのはチョビちゃんでした。
ありがとうね、チョビちゃんも。
お礼のダイエットカリカリ食べて、バードウォッチングして帰っていきました。

b0307008_17392186.jpg

b0307008_21150362.jpg


チョビちゃんはうちに来るのが日課になっています。
寒い日は来る回数も少ないですが、今日のように天気が良いと朝、昼、夕方とやってきます。
庭でPPが作業してると、台所まで行こうと鳴きながら先導し、私が部屋の中にいると、大声で呼びます。
あのーー、ここ、あなたの家じゃないんですけど。

b0307008_21150508.jpg


作業してる間はずっと周りで遊んでます。

b0307008_21252321.jpg


飛んでもデブです。

b0307008_21252588.jpg


木にも登ります、デブですけど。
b0307008_21252747.jpg


デブですけど、面白くて楽しくて、可愛いです。

b0307008_19351769.jpg


バラに肥料も入れ始め、花も終わりにした方がいいかなとディスタントドラムスの蕾を切り取りました。
せっかくなので家に飾っておいたら、意外にも開きました。
左の蕾くらいだったんですよ。

b0307008_19351980.jpg


チョビちゃんは最近毎日来ます。
午前中のほとんどをうちで過ごすこともあります。
ジジとの折り合いは全くついていません。

b0307008_19352355.jpg


庭に行けば庭について来ます。
足元にまとわりついて歩くので危ないほどです。
そしてチョビちゃんもキャットミントが好きなようです。
ますます、ヤマトとすることが似てます。

b0307008_18574781.jpg


今朝もチョビちゃんやってきました。
ガーデニングを手伝ってくれるんだそうです。

b0307008_18575005.jpg


パパの後、私の後をずっとついてきます。
可愛い053.gif053.gif053.gif

b0307008_18575257.jpg


b0307008_19105395.jpg


b0307008_19105673.jpg


ブラブラするバラの蕾がとっても気に入ったみたいです。

b0307008_19105877.jpg


小鳥を狙ってます。
ちょっと、デブですけど、この姿ヤマトに似て見えます。
そー、そー、ヤマトはこんな風なことを沢山やってくれてたんでしたっけ。
ヤマトが帰って来るまでこの子で心の穴埋めしときなさい!て言われてる気がします。
チョビちゃん、ありがとうねえ。