タグ:バラ栽培 ( 36 ) タグの人気記事

b0307008_20160921.jpg


バレリーナとその上を通ってるジジです。(まさかねえ~♪)

私の持ってるデルバール社のバラ3本。
名付けてデルバール3人娘。

*ギーザヴォア
b0307008_20161173.jpg


b0307008_20161444.jpg


b0307008_20161665.jpg


これほど丈夫なバラは知らないぞと思うくらい骨太のバラです。
真上に伸びるしっかりした茎を沢山出してくれるのでほんと助かります。
でも、秋にもなると伸びに伸びて、もしかしたらアーチに誘引した方がいいかもと思い始めるくらいの背丈になります。
今年はかなり切り詰めたつもりだったのですが、既にこの大きさ・・・。
花は派手ですけど、1個1個を生けて鑑賞しようかなって感じじゃありませんね。

*クロードモネ
b0307008_20161725.jpg


b0307008_20162037.jpg


濃いピンクと黄色の絞り模様のクロードモネです。
セザンヌとかマチスとか色々あるなかで、一番模様がはっきり出そうに思えたのでモネにしました。
ザーギヴォアと同じくしっかりした茎をだしてくれますので樹型がとりやすくていいです。

そして
*レッドインチューション

実物の色がでないのでついつい何度ものせてしまいます。
b0307008_20162207.jpg


赤の部分がこの色味よりずっと深い色なんですけど、このきれいな色を言葉では表現できません。
きっと他のお姉さん二人と同じように大きくなってくれることと思います。

by appleleaf38 | 2016-05-20 19:50 | | Comments(0)
b0307008_23591332.jpg


(居眠りしながら書いたので加筆です。)
オープンガーデンが近づいてきました。
もうさんざんやりつくしてすることなどないと思えるのに、庭に出たら何かとすることがあり半日なんてアッというまにたってしまいます。
先日バラ友の庭を見たら赤いバラが壁やフェンスに這わしてありとても華やかで、私にはちょっとしたショックでした。
うちのは地味で華やかさに欠けると気づきました。加えて今年は唯一の赤いバラ、イングリット・バーグマンがブラインドだったので開花が遅れてます。
そこで、急に赤に目覚めました!!
注文してた白バラをとりやめ赤いバラにしました。
出掛けた先でも赤買いました!

*ベルサイユのバラ
b0307008_23591467.jpg

PPが山口市のグリムズガーデンで買ってきたベルサイユのバラです。
蕾つきを買ったのではありましたが、アッというまに開花しました。
かなり深みのある赤色なのですが、カメラではその色がでません。
しかし、さすがの美しさです。
凛とした立ち姿はイングリット・バーグマンと同じですが、また違った美しさです。
バーグマンは剣咲きで熟女の魅力を感じますがですが、
ベルサイユは丸弁なので少し可愛い子風です。でも、赤色は黒味があり、貫禄と気高さいっぱい。
買ってよかった!こういう赤、好きです。

*レッドインチューション
b0307008_23591686.jpg


これはレッドインチューション。(名札間違いで買い損ねたバラです。)
先日花壇改造でジキタリスを抜いて植えたものです。
デルバール社のバラ苗です。うちにはデルバールでは、ザーギヴォアとクロードモネがあり、どれも茎がしっかりしていて、イングリッシュローズの茎の柔らかさには悩まされてる私には新鮮で嬉しい特性です。
デルバール3人娘と呼びたいところです。
この縞模様気に入っているのです。

*フロレンティーナ。
b0307008_23591787.jpg

話せば長いことなのですが、
つるバラとして育ててるエリナ(実はエリナ、ハイブリットで直立性だったのです)のかわりに植えることにしたフロレンティーナです。
まだデビュー前なので鉢のままフェンスにもたせかけたかっこうです。
このバラを検索かけると、「欠点のないバラ」と書かれてます。
嬉しいですねえ。
この部分は新しく開墾した所でディスタントドラムスとラプソディインブルーに任せてたとこなんですが、ドラ息子のヤツ、皆終わってしまったのです。
フロレンティーナの赤が加わってとても賑やかになりました。
「バラが咲いた」の歌を思い出します。
♪ たった1つ咲いたバラ、小さなバラで、寂しかったボクの庭が明るくなった♪♪
1つじゃないけど、小さくはないけど。f(^ー^;
枝の付き具合が、我が家の通称優等生サンセットグロウに似てるので、期待大です。

白を断り、赤に変更したのが、このバラです。
始め、シンパティを頼んだのですが売り切れで、こちらを薦められました。
因みに、注文してた白は、プロスペリティです。
エリナの代わりと思ってましたから同じ白系を念頭に置いてたのです。
断ったけど、やっぱりプロスペリティ欲しいです。プロスペリティは私の頭の中で何度も候補に上がり、その度に最終的にはずしてるバラです。
次は絶対ゲットしましょう。待っててよ、プロスペリティ!

*ポールズスカーレットクライマー
b0307008_23591912.jpg


b0307008_19463183.jpg


名札の付け違いで売られていて長いこと名前の分からないバラでしたが、調べてみたら、どうもポールズスカーレットクライマーみたいなのです。
日本で一般的に赤のつるバラとしてよく見られたバラということです。
あまり手がかからず、中輪ですが房咲きで、よく伸びて咲いてくれます。

by appleleaf38 | 2016-05-19 23:30 | | Comments(2)
b0307008_07124125.jpg

今朝の第2アーチ。
(左の黄色がクラウンプリンセスマルガリータ、手前の赤いのがホットココア、左に僅か見えるピンクがパレードです。)
東から見るつもりにしてるアーチですが、今回どうもウツギに日光遮られ、皆西を向いてしまったようです。
慌ててウツギを、切ってみましたが、今さらなのか東の方角など見向きもしやしません。
このアーチ、右がハゲチョロケです。ここにはクリムゾングローリーがからませてあるのですが、驚くほど蕾をつけませんでした。全て出開き、ブラインドです。(先日の研究に話がいきます)

b0307008_07124483.jpg

これが、頑張ってくれなかったクリムゾングローリーです。021.gif
この赤の大輪剣先バラに期待をかけてたのに大誤算です。

b0307008_07124723.jpg

グローリーが頑張らないその部分に、「では、ワタクシが」って感じでクレマチス 篭口が咲き始めました。
篭口にはやや荷が重い場所ではないかと思いますが、そのうちビクトリアやブルーエンジェルが加勢してくれるのではと思います。

by appleleaf38 | 2016-05-16 06:45 | | Comments(2)
光の冠山バラ園に行きました。うちの庭が見たくなくなるほど咲いてます。
欲しいバラの現物を見るのに役立ちます。本やカタログの画像はお見合い写真のようなものですから、かなりかけ離れてることがあります。
安い苗も沢山売ってました。
レッドインチューション買いました。以前にも買ったのですが、開花してみたら名札の付け間違いで違うバラでした。
で、この度リベンジです。
でも、もう植えるとこないんですよね。

*レッドインチューション
b0307008_06435923.jpg

この部分が、昨年からのジキタリスとミニバラ グリーンアイズがあるのですが、成長悪くて淋しい花壇になってます。
このジキタリスを一株のけて、ここに赤のレッドインチューションを植えることにしました。一株といってもこのジキタリス、5本くらい花穂が立った大株です。

b0307008_06440160.jpg

こーんな感じになりました。
まだ素敵とは言えませんけど、蕾が開けばインパクトはあるはずです。
と、信じたい。
b0307008_06440465.jpg

今週中には咲きそうです。

*バラ保育園 育苗場
b0307008_06440648.jpg

挿し木した1年生バラ達を並べています。
鉢バラとしてデビューする子もいますが、まだ、地植えにするには無理があるでしょうか。
早くここから一人前のバラとしてデビューして欲しいものです。
手前のピンクはパレード、この子はお母さんがまだ元気なのでどこか良縁をみつけて嫁がせたいと思ってます。
↓ 今回のオープンガーデンでデビューを目指すアレンジメントの挿し木バラ。
b0307008_06440867.jpg



by appleleaf38 | 2016-05-16 05:57 | | Comments(0)
b0307008_08194738.jpg

まだ咲き揃っていないので緑ばかりなんですが、今朝の様子です。
どうも雲行き怪しいので、雨の前に撮影しました。
今週末には開花してくれるのではないかと期待してます。

『バラのブラインド、出開き、蕾の奇形についての考察』
バラに興味のない方にはほんと???だとおもうのですけど。私が忘れないために残しておかなくちゃと思うのです。

今年我が家のバラの中で、ピエールドゥロンサール、エリナ、アルキミストなどつるバラにブラインド、出開きが沢山出ています。また、わずかについた蕾も奇形がほとんどです。
これが、普通のつるでないタイプならブラインドになった芽をカットしてやり再スタートすればよいのですが、つるバラは一季咲きが多いので芽をカットしたのでは今シーズンの花は望めません。
それに小さなバラなら数本そんな症状が出ても見過ごせますが、つるバラというのは大きくて、しかもピエールとエリナはメインアーチの左右なんです。これを中心にうちの花壇は広がってますから、それが咲かないのは由々しき問題です。
b0307008_08195184.jpg

きれいでない花をのせるのは心苦しいのですが。汚いものはほとんど切り落としたのでこれはまだ、症状のましなものです。
b0307008_08195363.jpg

これは出開きとブラインドです。これから先は伸びようがないというどん詰まりの状態です。
なぜこんな、症状が現れてしまったのか、この1週間、私は毎日毎日タブレットで調べ続けました。
原因が分からないと、また同じことが起こる可能性がありますもんね。原因究明は必要です。

一般的に言われるのが、
? 肥料の過不足、特に窒素成分が多すぎるため
不足は考えられません。バラの回りの私の草花は育ちすぎて困ってます。

? 買ってる肥料の成分に問題
昨日バラの専門店さんに聞いたら、やってる肥料は正しいそうです。

? 消毒
それも違うと言われたそうです。消毒では起きないと。

他の原因として考えられるのが
? 気温
でも、ここは寒冷地ではありませんから気温と言われても困ります、それにバラ友の所は異常なさそうですし・・・。
(バラ友さんたちの庭は皆陽当たりよくアスファルトの道路に囲まれてますから、バラの開花が早いです。うちは木とお隣さんに囲まれてるので寒いです。)
気温、多分、芽が形成される頃寒さにあうとこういう症状が現れるのでしょうか。そういえば今年突然冷え込む時期が3月頃度々ありました。でも、気温はコントロールできません。
そこで、ふと閃きました!
気温はコントロールできませんが、花芽のつく時期を遅めにすればいいんじゃないか!!!
今年うちでは、PPがとにかくバラ作業が待ちきれなくて、まだ早いという私の言葉を振り切って11月から、つるバラの誘因剪定を始めたのです。
つるバラは頂芽優勢で枝を横向きにしてやりそこから立ち上がり芽を出すのが全てのスタートですから、それが早いと全てのことが早まってきます。
きっと花芽の準備もバラは早めにしてたことでしょう。そこに寒さが突然やってきたのでしょう。可哀想に。

*私なりの結論
つるバラの剪定、誘引を早目にしてはいけない。
12月末といわれてるのにはそれなりの訳がある。
です。

バラにも個体さがあるので、寒さなどへっちゃらというのもあります。
ポールスカーレットクライマーなんてのは普通に沢山咲いてますし、サンセットグロウもいい感じです。
咲いたバラと咲かなかったバラの違いを敢えていうなら、
花弁数の多さでしょうか。サンセットも、ポールスカーレットも花弁数が少ないのです。
この結論だと、グリムソングローリー、スマイルフェイスなどツルが伸びたのに花芽がつかなかったことの理由に納得がいきます。
他にツルバラは、アルテミスとマダムアンディがありますが、マダムアンディは8月剪定なので、関係ありません。アルテミスに関しては私がとっても気紛れにかなり遅い時期に「横に向けて誘因してみよっかなあ~」とやってみたのでよかったのかもしれません。
誘因が1ヶ月遅れても開花が1ヶ月遅れるなんてことはありません。花芽の形成が遅れるにしても花の開花の時期というのはだいたい足並み揃います。

だいたいにして窒素分が多めというのはあるなと思ってます。
草花が異様に成長して普通の倍以上ありますから。こうなるともう立派に育ったというより、肥大しすぎて景観を損ねます。

今年の花が咲き揃わないうちに来期すべきことも見えてきました。
これが正しいかどうか分かりませんが、今のとこ一番しっくりくる理由です。
来期がんばります。
by appleleaf38 | 2016-05-15 07:52 | | Comments(0)
b0307008_08043775.jpg


今年、多分6月頃、来春を目指して購入したサンセットグロウ。
苗を選ぶのに、何日もかかり色々なバラblogを訪問して選んだバラです。
もー、素晴らしい!私の目に狂いはなかった!と自画自賛してますが、一番感謝しなくてはならないのはこの花を紹介されてた hinata さんでしょうか。
瞬く間に作ったアーチの上まで登り詰め、次々とうっとりする花を咲かせてます。うちに来てまだ数ヵ月だなんてとても思えません。

b0307008_08043901.jpg


昨年挿し木でついたミセス アイリスクロウ。
こうして並べるとサンセットグロウと姉妹ではないかと思うくらい花姿が似てます。
知り合いが惚れ込んで苗を買い、一番花をもってきてくださったのです。

b0307008_08044390.jpg


デルバール社のザーギヴォアです。
丈夫、頑丈、勢いの良さでいうなら、このバラに優るものはないという気がします。


他のblogを見ると苗の全体像を写してる方があり、そういう画像はバラ勉強のとても参考になります。私も出来たらそんな画像をのせたら、いい例悪い例でどなたかの参考になるかもしれないなあ思います。
が、見栄えが悪いもんでついついのせそびえるんですけどね。


b0307008_08044509.jpg


主人PPのお気に入りメーカーの名札つけ間違いて名前分からずですが、とてもいい色です。

冬になると、剪定、誘引、肥料やリとバラの作業が沢山出てきます。
そのために日夜夫婦で勉強中です。
私は調べものの係り(頭脳派016.gif)、実行する(肉体派038.gif)はPPですけど。

b0307008_08044836.jpg


by appleleaf38 | 2015-10-19 23:58 | | Comments(2)