b0307008_19351769.jpg


バラに肥料も入れ始め、花も終わりにした方がいいかなとディスタントドラムスの蕾を切り取りました。
せっかくなので家に飾っておいたら、意外にも開きました。
左の蕾くらいだったんですよ。

b0307008_19351980.jpg


チョビちゃんは最近毎日来ます。
午前中のほとんどをうちで過ごすこともあります。
ジジとの折り合いは全くついていません。

b0307008_19352355.jpg


庭に行けば庭について来ます。
足元にまとわりついて歩くので危ないほどです。
そしてチョビちゃんもキャットミントが好きなようです。
ますます、ヤマトとすることが似てます。

b0307008_20400477.jpg


PPは毎日庭のバラを摘んで帰ってきます。
庭では僅かしか咲いてないように見えるのですが、摘み取るとたくさんに見えます。
左の明るい赤は、PPが惚れ込んで、私に注文させたオリンピックファイヤーです。
このバラの名前だけは覚えてるようです。やはり自分の思い入れのバラの名前は覚えられるんですねえ。
他のはなに1つ覚えられってのに。

別の角度からもう一枚。

b0307008_20400701.jpg


まるで違った雰囲気に見えます。
by appleleaf38 | 2016-11-30 20:35 | | Comments(0)
b0307008_20124919.jpg


数年前にもらったオリンピックファイヤー、毎年欠かさず咲いてくれます。
青空がよく似合うのですが、何せ背が高いので撮影しにくくって。

b0307008_20125234.jpg


b0307008_20125520.jpg


先日行ったバラ園でPPが一目惚れで取り寄せたオリンピックファイヤー!
聖火の色をイメージしてるんでしょうね。
オリンピックイヤーにぴったりなバラかもしれません。

b0307008_20125796.jpg


b0307008_20213333.jpg


オレンジ色のパットオースチンとピンクのヘリテージ。
先日ハウステンボスの講習会で話してくださったローズスタイリスト大野耕生さんによるとこの2つは廃盤となるということです。
パットオースチンのオレンジ色は素晴らしいけど、茎が弱くて枝がたれさがってしまいます。今は同じようなオレンジ色で茎のしっかりした品種もできているということでお役ゴメンみたいです。
ヘリテージはきっとあの花持ちの悪さが災いしたんでしょうね。開いた明くる日にはハラリ。でもヘリテージの花付きの良さと丈夫さは捨てがたいです。
この2つ、しっかり後継者をつくって大事にしなくっちゃ。
by appleleaf38 | 2016-11-24 20:08 | | Comments(2)
ヤマトが見つからないまま2週間になろうとしています。
情報はびっくりするほどありません。
そんな中昨日ゴミ置き場で出会ったご近所奥さんが、いつもヤマトがお向かいのお宅の床下石垣にもぐるの見かけていたと言われるのです。
その立ち話の途中に猫の声が!空耳かと思ったのですが、奥さんも聞いたよ、と。
で、お向かいさん捜索だ!となったのですが、
お向かいさんは空き家だったのを東京の方が買われ最近リフォームして、ヤマトがいなくなった数日後に東京に帰られたのです。
単純に捜索とはいきませんし、とにかく広く中庭も最近封鎖されて出入りできなくされたみたいなんです。外からの声も届きにくいつくりです。
リフォーム会社にお願いして持ち主に連絡し捜索させてもらいました。エサもしかけさせてもらいました。

・・・・・空振りのようです。
結果が出るまでの期待と、成果なしだったらどうしようとの気持ちが入り交じったなんともいえないドキドキ。
この希望がある状態でずっと止まっててくれ!と思う気持ちもわきます。
でも、閉じ込められてなくて外の世界にいるのなら、食べる手だても帰ってくる望みもあるし、タイムリミットもなくなります。
今日は別の少し離れたとこで似たのを見かけたと聞きました。
行ってみましたが、当然そこにはいませんでした。

後追いばかりではダメなんじゃないかと考えます。
次の一手は、今朝目撃されたとこにエサをしかけてみる!
てのはどうかと思います。
公道の脇道、荒れた畑の入り口で家もない野っぱらなのでご近所迷惑もなさそうなので、ここに置いてみようかと思います。
ドキドキ。

もう一度ヤマトに会いたいな。話がしたいな。
今は、机にのったヤマトを抱えたつもり、
こっち向いたヤマトの耳をフニフニしてるつもり

エアーヤマトをやっています。

b0307008_14171208.jpg

b0307008_07225484.jpg


サンセットグロウ、四季咲きのツルバラです。
蕾の時と、咲き始めは、この濃いオレンジ色です。
咲き進むと薄くなります。
柔らかい枝をよく伸ばし、花つきもいいので我が家では優等生と呼ばれています。

b0307008_07225718.jpg


河本ローズのミルフィーユです。
華奢な作りで今まで全く思うように咲いてくれませんでしたが、今秋たっぷり肥料をやってみたら、華奢なりにしっかり咲きました。
蕾もたくさんついてます。
あら、今まで肥料不足だったのかしらと反省です。

b0307008_07225980.jpg

ビエドゥー。
ミルフィーユと同じピンクと白の絞りですが、ビエドゥーはピンクに白の絞り、ミルフィーユは逆ですね。
この秋買ったばかりなので、今はよく咲いてますが、来春からの咲き具合は私たちの努力次第なんでしょうか。

b0307008_07230127.jpg

ツルバラ、羽衣。
ツルバラなのですが、1輪が12センチ以上の巨大輪となります。
選んでよかった!
オレンジのサンセットグロウと向い合わせでアーチにしてあります。
頭の中では、花一杯のアーチとなっているのですが、てっぺんまで行ったのは始めてですから、まだ花一杯の光景は見られてないです。
この冬の誘引と肥料やりが来春の咲き方に影響するのかと思うと期待と不安でドキドキです。

b0307008_07230354.jpg


b0307008_07230435.jpg

ヘリテージ、2枚。
とにかくよく咲くので、ヘリテージに関しては栽培の不安を感じることがありません。
枝が伸びすぎるのが困るので短く仕立てるようにしようと思っているくらいです。
唯一の難点は花持ちがとても悪いこと。咲いたと思えば、はらいと散る。その分よく咲くのかもしれません。

b0307008_07230685.jpg

これはミニバラ、グリーンアイス。
白の縁に赤で出てきてとても可愛くなりました。
これも少し肥料を多目にして見たら、幾分大きくなってきました。

b0307008_07230729.jpg

ホワイトマザーズディ。
小さな花なのですが、とにかく絶え間なく咲きます。
花持ちがいいのもあるのでしょうが、ずっと咲いてる感じです。
by appleleaf38 | 2016-11-10 06:55 | | Comments(2)
b0307008_06545588.jpg


公民館まつりに出したアレンジメントの色があまりにケバくて、夜中に間近で見て眠れなくなるくらいだったので、ハロウィンのバラと差し換え、バンダを減らしました。
少な目だったグリーンには我が家のアイビーを入れ込みました。
盛りだくさんになってしまいましたが、幾分ホッとしました。
余った材料は小さな入れ物に入れ換えて洗面所に置きました。

b0307008_06545832.jpg

これはこれで、可愛いな!と自画自賛です。
私以外に誰も見やしません。

b0307008_06550132.jpg

エモーションブルーです。
12センチ以上の巨大輪になって咲いてくれましたので、一輪挿しにしました。
存在感たっぷりです。
このエモーションブルーという名前は、昔の名前です。
ローズシネンシスに変わり、その後また変わって今ではローズシナクティフとなってます。
なぜこんな覚えにく名前に。いいじゃないエモーションブルーで、と思います。


by appleleaf38 | 2016-11-10 06:43 | | Comments(2)
フラワーアレンジメントのバラを挿し木して何本か成功しました。
でも、名前が分からないのが困ります。

b0307008_08162898.jpg

名前がないのは不便なので、捜してみました。
切り花専門の栽培場で見つけてきた名前で、全ての特徴が一致するので、これかなと思うのです。
スイートアバンチェ。
この子は、今日からスイートアバンチェにしましょう。

b0307008_08163008.jpg


b0307008_08163110.jpg

もう1つは、わずかにアプリコット色がまじった黄色。
エタニティビューティかなと思ったのですが、ちょっと違うかな。

b0307008_08163477.jpg

初ボレロです。
買ってきたお店グリムズガーデンで、「ボレロ持ってない人、可哀想」と言われてたバラです。
色々なバラの店で一番人気となってます。
わずかにピンクがかると、きいていたのですが、どうも、わずかにクリームが中心に入っている気がします。

b0307008_08163611.jpg

ピンクに白のストライプの入るデルバールのビエドゥーです。
初ビエドゥーです。
これではストライプが目立ちませんね。
横からなら分かるかな。
b0307008_08163824.jpg


今一番咲いているのがデルバールのモーリスユトリロです。
デルバールのバラは茎がガッチリしているものが多いので好きです。
ビエドゥーは、やや華奢かもしれませんが、モーリスユトリロはガッチリガッチリ。
縞の出方が色々です。
b0307008_08164031.jpg


b0307008_08164172.jpg


全部モーリスユトリロです。

先日のフラワーアレンジメントの教室で生けたバラを挿し木しました。
3本した中の1本が成功したようです。
b0307008_08164393.jpg


↓ この中のバラです。
b0307008_08164568.jpg

by appleleaf38 | 2016-10-19 07:36 | | Comments(2)
b0307008_16163781.jpg


目下とっても頑張ってるバラ作りですが、秋バラ本番でないのか努力が足りないのか、小さなものしか咲きません。
今咲いてるのは、秋バラというより剪定をし忘れた蕾ではないかと思います。

ピンクがかった赤は、ギーザヴォア
白は、アルテミス
ピンクは、ジュビリーセレブレーション
紫は、ラプソディーインブルー
右背後のラベンダー色のは、期待の新人、レイニーブルーです。驚くほど小さくて、驚くほどクシュクシュです。
まだまだ成果が現れるのは先なんでしょうか。
今のところ、どこにも活力剤や肥料の効果は見受けられません。

そして、背後にいる黒い物体はジジです。
by appleleaf38 | 2016-10-05 16:08 | | Comments(2)
b0307008_06570239.jpg


改造中の花壇用に、ウィリアムシェークスピア2000が届きました。
今回は「バラの家」さんで購入しました。
立派な苗が届きました。これを見ると我が家の苗がいかに貧相かとわかります。
先日のバラ購入リストには入っていませんでしたが、アレゴリーが思うような苗がなかったので、ウィリアムシェークスピア2000に変更しました。
アレゴリーは新しい品種で今かなり人気です。シェークスピアは随分前からからあるので、人気も定着したものにみえるので同じ雰囲気のバラを選びました。
私が、勝手に尊敬して師匠と思ってるブログさんのとこでワンサカ咲いていましたので。
ウエルカムローズになる予定です。
シェークスピアさん、ガンバ p(^-^)q

レイニーブルーとボレロはもう購入し植わってます。
近日バリエガータは届くことになってます。
ビエドゥーは来月です。
イングリット・バーグマンさんはやめようかと思ってます。
欲しいバラは山ほどあります。毎日日替わり弁当のように購入バラが変わります。最後の1本となるので、しっかり検討しようと思ってます。

b0307008_12482672.jpg


雨の中庭のバラを摘みました。
ウィリアムシェークスピア2000もカットしました。

b0307008_12482901.jpg

ジュビリーセレブレーション

b0307008_12483181.jpg

ラジオタイムズといってもらった苗を挿し木したと思うのですが、・・・
なんか、違うんじゃないかなあ。
色は結構好きです。バラを自宅で公園規模で育ててらっしゃる方にもらったのですが、毎回、山ほど切った枝をくださるのに、どれがどれだか分からなくなるのです。また、咲いてる時期にうかがって調べてみましょう。

by appleleaf38 | 2016-09-29 06:40 | | Comments(2)
b0307008_13532565.jpg


ただいま私の頭の中はガーデニング集中月間で、明けても暮れてもバラ栽培の調べ物してます。
どうも調査研究が好きなようです。
ネットで調べてる中にバラの比較研究ばかりやってる方がいました。
「自分はバラの花が見たいのではなく比較研究に興味があるのかもしれない」みたいなこと言われてました。
少し気持ちが分かりますが、私はやはりモリモリに咲いたバラがみたいのです。
で、また本買っちゃいました。
もう何冊買ったやら。有名どころは全部あります。
それぞれに、いい話もありますが、痒いとこに手が届かないような、素人はもっと違うこと知りたいんだ!ってこともかなりあります。
あまりに本がありすぎて、もう一度確認したい時にはその箇所が見つかりません。

この度買ったのは日本橋三越のチェルシーガーデンのローズアドバイザー有島薫さんの「もっと咲かせるバラづくり」です。
この方の栽培は、今まで読んでいた作者さんの書かれているのとやや違うので興味を持ちました。
大概の本で、元肥に窒素リン酸カリを大袋で買ってきて200グラムづつくらい配合して入れるようになっているのです。体力があるうちならいいのでしょうが、年取ったら無理と思うのですよね、あの重い肥料をかかえるの。
この有島さんのは、メーカーの既成配合肥料をパラパラと入れるやり方でかかれてるのです。助かります、これから老いるばかりでしょうから。
気を使わなく、「この時期に、このメーカーのこの肥料がいいよ」的に書いてので、ほーんと嬉しいです。

b0307008_13532704.jpg


数日前に植えた種が発芽しました。早っ!
たぶん、タチアオイです。
黒のタチアオイ アルセアロゼアニグラ↓だと思います。
春のオープンガーデンでかなり皆さんに興味をもっていただきました。春には黒でしたけど、果たして来年も黒で咲いてくれるものかどうか、そのあたりが気掛かりです。

b0307008_13533400.jpg


b0307008_13534141.jpg


ハイビスカスロゼールの実がなり始めました。
早くジャムにしたいな。

チラホラとバラが咲いてきてます。
秋バラというより、剪定を免れたバラでしょうか。
モーリスユトリロ

b0307008_13534371.jpg


と、ジュビリーセレブレーションです。
今年でもう10年になる苗です。
弱ってきたのか、栽培が悪いのか、あまり咲きません。不安なので後継者の育成をしていますが、今年ようやく挿し木に成功しました。でも、みられるような苗になるには時間がかかりそうです。
この花だけはダメになっても新たにまた植えようと思ってます。

b0307008_13535124.jpg


b0307008_13535385.jpg


by appleleaf38 | 2016-09-28 13:10 | | Comments(0)