今私の中では読書週間です。
避けてた地元図書館にも行ってます。
受付とかに知り合いがいまして、その人たちは全然きらいじゃないのですが、どんな本を読んでるかを知られるのは裸を見られるのと同じくらいの気まずさなんです。それ以上かな。
でも、家に本が溜まるのも困ったもんなんで当たり障りのないところで借りに行ってます。
梨木果歩さんの「冬虫夏草」と「村田エフェンディ滞土録」を借りてきました。
「家守綺譚」があまりに好みだったので、それ以上という評価に惹かれまして。
梨木さんは有名なんでうちのようなど田舎の図書館にもあったのですが、
この垣谷美雨さんの作品は一冊もなくて、「あなたの人生、片付けます」はAmazonの古本で買いました。
こういう作家さんがいたってこと自体私も知らなかったので、図書館責める気にはなりませんけど。
しかし、最近は作家の名前も本の名前もなんでこんなに難しいのでしょう。
梨木果歩って名前も覚えられませんし、家守綺譚て題名はどうやっても覚えるの無理です。村田エフェンディさんなんてなんじゃ、です。因みに滞土録の土は、土耳古(トルコ)の土です。
読んだ本の題名が思い出せなくて友だちに聞く始末です。
そこで、読書記録アプリ入れてみました。

b0307008_10394743.png

b0307008_10400794.png

いいのか悪いのか分かりませんけど、パソコンで使ってたブックログに似てるので選びました。

今、あなたの人生、読んでますが、面白いです。これドラマ向きかな。配役誰がいいかな。ポッチャリおばさん、世話焼き風、年寄りじゃなくてとなると、
・・・原日出子?
村田エフェンディは、まだ面白いに至ってません。期待感高まってるのですが、面白くなかったらどうしようとちょっと怯えてます。
本て1ページ目からの掴みも大事ですね。

b0307008_14120408.jpg

待ちに待った本が届きました。
年明けに山と渓谷社さんから、なごみ猫カレンダーの中から写真を選んで「なごみ猫」という本を出すのに今年のカレンダーにのっているアンちゃんが選ばれたとメールをもらいました。本ももらえるとなっていましたので楽しみに待っていました。
それがようやく今日届きました。

b0307008_14152676.jpg

コメントがあります。
「猫の前世はオッサンかもしれません。」
たしかに。
このアンちゃんは、太めのオッサンに見えます。
ガ〜〜〜ン。
でも、採用されたんだからがまんしなくちゃね。
他の猫さんたちもみんな可愛くて、吹き出してしまう子の画像も。
今年も応募頑張るぞ!
めざせ、アンちゃん、デブタレ!
今年は新たにチョビちゃんという有望な新人も迎えたことだしね。

b0307008_20174049.jpg

Amazonで本を探していて出会いました。
このところヒット作出会えてないので、面白いといいなあと思いながら買った猫が主役の本です。
実はもう1冊頼んでるんですけどまだ届いていません。
出だしだけ読みました。
うちの猫たちのことを思い胸がキュンキュン悲鳴をあげそうです。
でも、ハッピーエンドと聞いてるので今晩続きを楽しみに読みたいと思います。

b0307008_20385409.jpg

バラの回りの花が物足りないかなあと買ってきました。
沢山買ってきたつもりでしたけど、植えたらあっという間に終わり、まだまだ植え足りないって感じです。

b0307008_20434862.jpg
昨晩のアンちゃん。 今日もすでに布団で待ってます。